証拠保全制度について

本日は、医療機関に対し、証拠保全を行いました。
証拠保全とは、提訴前にカルテの改ざんなどがなされないように抜き打ちでカルテのコピーなどを確保するため
の制度をいいます。通常は病院に対する医療過誤訴訟などの前提として行われます。
今回は、交通事故の後遺症認定において診療録を提出しない医療機関に対し、証拠保全をかけたものでイレギュラー
なものです。
証拠保全は、証拠の改ざんの防止の点では、有効な制度であり、活用が望まれると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です